【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人

【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人 第十六話 ネタバレ



⇒無料試し読みはこちら

椿ケ丘団地の管理人 第十六話 あらすじ
椿ケ丘団地の管理人のお仕事

重村とのセ〇クスが続き
何度もイっている美智子。

 

 

「あああ・・・イク・・・」

 

 

美智子は管理人の仕事をしてから1カ月が経つ。

 

 

ある日団地の掃除をしていると
久しぶりに日向さんがチケット5枚を持ってきた。

 

 

人のいない場所にいつも通り行き
バックから挿入して激しく突かれる。

 

 

団地の住人とのセ〇クスを心から
楽しめるようになった美智子。

 

 

大きな喘ぎ声を出してしまう。

 

 

日向は美智子にお礼をを
行って2人は別れる。

 

 

美智子のお尻からは日向の
セ〇シが垂れ流れる。

 

 

すると3人の男性がチケットを5枚持ってきた。

 

 

集会場に行ってセ〇クスをすることに。

 

 

美智子は何か吹っ切れたようである。

 

 

もう、恥じらうこともなく
セ〇クスを楽しもうと決めた美智子だった。

⇒続きはこちら

 

感想

美智子は完全に吹っ切れて
今までの恥じらう姿はありません。

 

 

久しぶりの日向とのセ〇クスも
美智子は自分から激しくして欲しいと
お願いしています。

 

 

そんな美智子からのお願いに興奮した日向は
バックからお尻を攻めながら

 

 

美智子のお〇んこにたっぷりセ〇シを
注いでいます。

 

 

美智子は素直に気持ちを言えるようになって
心からセ〇クスを楽しんでいます。

 

 

セ〇クスするときは素直に気持ちを伝えることが
大事ですね。

 

 

日向との別れ際に美智子のスカートがめくれ
上がってお〇んこから黒いものが見えて
いるのがすごくエロいです。

 

 

日向とのセ〇クスの後
3人の男性と集会場に行っていますが

 

 

美智子は嫌がることもなく
ルンルンした気分で集会場に向かっています。

 

 

 

団地の住人とのセ〇クスが楽しい様子が伝わってきます。

 

 

最近の美智子が楽しくしているのを
噂で聞きつけた男性3人はドMの美智子をたっぷり
いじめようとしています。

 

 

初めは管理人の仕事が務まるのか
心配していましたが

 

 

美智子が管理人の仕事を楽しくしている姿を
見て一安心です。