【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人

【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人 第十三話 ネタバレ



⇒無料試し読みはこちら

椿ケ丘団地の管理人 第十三話 あらすじ

美智子のお○んこは
待ち切れずヒクヒクしている。

 

 

長年団地の管理人をしてきた
塚田のテクニックは最高だった。

 

 

美智子はカラダが感じるままに喘ぎ声を出し
全身で快感を感じる。

 

 

美智子のお○んこからはぐちゅぐちゅ。

 

 

塚田はペニス型のおもちゃを
美智子のお○んこに。

 

 

ビクッ ビクッ・・・

 

 

あああああ・・・

 

 

おもちゃを挿入しただけで
イってしまった。

 

 

イクときはイクと言わないと

 

美智子はイッたばかりなのに
おもちゃをまた挿入される。

 

 

また、美智子はすぐにイって
しまう。

 

 

四つん這いにさせられると
バックからおもちゃを挿入される。

 

 

もう、ダメですと言う美智子。

 

 

塚田はそんな美智子の言葉に
おかまいなし。

 

 

美智子のカラダを攻め続ける。

 

 

一晩で30人近くの男性を
相手にした美智子のお○んこはまだ欲しがっているのは
塚田はわかっていた。

 

 

バックからおもちゃを
挿入していると、お尻から
何かが垂れてきた。

 

 

団地の階段でアナルセ○クスしたときの
精液が流れ出てきたのだ。

 

 

それを見つけた塚田はアナルに
指を入れる。

 

 

また、すぐにイってしまった美智子。

 

 

その時、家のチャイムが鳴る。

 

 

重村が突然家の中に入ってきたのだった。

⇒続きはこちら

感想

塚田のテクニックにはビックリしました。

 

 

長年、団地の管理人をしていた為
のイクところが全てわかって
います。

 

 

塚田が美智子のお○んこを
舐める姿がエロ過ぎます。

 

 

やわらかい唇と舌づかい。

 

 

男性とは違う優しさでク○ニ
されたらすぐイってしまいますね。

 

 

女性の塚田にク○ニされて
感じるままに喘ぎ声を出す美智子の姿は美しいです。

 

 

塚田がバックから美智子の
お○んこにおもちゃを
挿入して、遠慮なしに攻めてる
ところが興奮します。

 

 

美智子のカラダをわかっているから
こその攻め方です。

 

 

塚田がおもちゃを使って美智子は何度も
すぐにイっています。

 

 

最後、重村は塚田の部屋を訪れ
2人の裸姿に直面します。

 

 

管理人のお仕事を退職したら
団地の住人とのセ○クスは
なくなりますが

 

塚田と重村はセ○レだったようです。

 

 

美智子は重村と直面したとき
また、怯えたような表情を
しています。

 

 

2人から求められるほど
重村のテクニックがすごいと
思うと、1度は抱かれてみたいですね。

 

 

重村、塚田、美智子がどのような
展開になって行くか楽しみです。