【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人

【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人 十一話 ネタバレ



⇒無料試し読みはこちら

椿ケ丘団地の管理人 十一話
これは・・・仕事なんだから

管理人室で重村に抱かれている
真最中の美智子。

 

 

重村は美智子のお○んこの中の奥の
奥まで自分のチ○コを挿入すると
セ○シを中○しする。

 

 

重村は満足した様子で笑みを浮かべる。

 

 

美智子は辛そうな表情を浮かべ
カラダは小刻みに震えていた。

 

 

ある日団地の階段で男性に
ア○ルセ○クスをされていた。

 

 

男性が階段に座る形で
美智子は男性に両手で抱っこされる
ように、美智子のア○ルにチ○コを挿入。

 

 

美智子は自分の手で口を塞ぎ
声を出さないようにしていた。

 

 

美智子がア○ルセ○クスに
慣れてきたことを知った男性は
美智子を持ち上げると激しいア○ル
セ○クスを行う。

 

 

美智子のア○ルは締まりがよく
男性は喘ぎ声を出す。

 

すぐにイってしまった。

 

 

美智子のア○ルからは
男性の濃厚なセ○シが
流れ出る。

 

 

膝まで下げたパンツ姿のまま、
前かがみの姿で、カラダは
震えながら歩き始める。

 

 

美智子は塚田の家に招かれて
一緒にお茶をすることに。

 

 

塚田は美智子に
「この仕事辛い?」と問いかける。

 

 

塚田は重村から抱かれている時の
美智子の表情が辛そうと言う話を聞いていた。

 

 

塚田は美智子の弱みに漬け込み
無理矢理管理人なさせてしまったことを
反省している。

 

 

ならやめていいのよ」

 

 

すると美智子からとんでもない
発言が・・・

⇒続きはこちら

感想

美智子は重村を受け入れたくないような
表情をしていますね。

 

 

重村は美智子のカラダをすごく
気に入っていて

 

 

美智子のお○んこに自分のチ○コを
膣の奥まで挿入して中○しすることに
満足しているようです。

 

 

団地の階段でア○ルセ○クスを
するところがありますが
すごくエッチです。

 

 

美智子は終始自分の手で
顔を覆って、表情見られ
ないようにしていますが

 

 

美智子はかなり興奮していて
気持ちいい表情をしています。

 

抵抗することもなく、アナルが開発されて感じるように
なったのが伝わってきます。

 

 

男性が美智子を後ろから抱えるように
アナルセ○クスをするところは

 

 

美智子がずっと顔を手で隠しています。

 

 

どんな表情をしているか考えると
興奮してきます。

 

 

男性は締まりのいい美智子の
アナルにすぐイってしまっています。

 

 

アナルセ○クスの後美智子がよろよろ
歩いてアナルからセ○シが流れ出る姿は
生々しいしいです。

 

 

靴は1足どこかに飛ばされて

 

 

パンツは膝まで降ろされている状態です。

 

 

アナルセ○クスは拒否できるはずなのに
拒否しない美智子は本当は1番好きなのかな?

 

 

美智子はアナルの次はどこが開発されていくのか
楽しみですね。