【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人

【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人 第十話 ネタバレ


⇒無料試し読みはこちら

椿ケ丘団地の管理人 第十話
それからの私

管理人の仕事を始める美智子。

 

朝は掃除をしながら住人の見送りを
する。

 

 

すると、チケットを5枚持ってきた
日向と言う男性が現れる。

 

 

美智子と男性は人のいないところに向かう。

 

 

男性は早速、美智子の片脚を上げ
お○んこを広げる。

 

 

大きく広げたお○んこをペロペロ
舐め続ける男性。

 

 

美智子は感じながらカラダがピクン
と震えている。

 

 

男性は美智子のお○んこを
じっくり味わった後

 

 

バックから生チ○コを挿入して
中○ししている。

 

 

男性はセ○クスが終わると
スッキリした表情で立ち去る。

 

 

美智子は管理人の仕事にも
少し慣れてきて

 

 

戸惑うこともなく、抵抗することも
なく住人の「性サービス」に
励む毎日。

 

 

美智子は過激な仕事の対価として
月80万の報酬をもらっている。

 

 

娘の為に始めた仕事だけど
これでいいのか悩んでいる。

 

 

そんな時前の管理人塚田さんに
会う。

 

 

塚田は子どもが自立した為
管理人を引退して悠々自適な生活を送っている。

 

 

塚田は美智子が初日に30人近くも
相手にしたことを心配していた。

 

 

塚田と美智子が話していると
重村がやってきた。

 

 

重村の姿を見た美智子は
冷汗が止まらず、足が震える。

 

 

重村がチケット5枚を
出して美智子に渡す。

 

 

2人は塚田と別れて
事務所に行くことに・・・

⇒続きはこちら

感想

美智子は初日の30人近く
の男性とのセ○クスを
やりこなしましたね。

 

 

美智子の芯の強さは
さすがですね。

 

 

早朝に男性から5枚の
サービス券を渡されたときも

 

 

戸惑うことなくお○んこを
広げてク○トリスをペロペロされています。

 

 

ク○ニされる美智子の表情は
大人の表情をしていてエッチ
な気分になりますね。

 

 

人のいないところで
美智子が壁によりかかり片脚を
上げて男性にお○んこを舐められる
姿はすごくエロくて

 

 

美智子のお○んこはぐちょぐちょに
なっています。

 

 

重村が現れたとき美智子は
少し怖がっているようにも見えました。
足は震えていました。

 

 

重村とはカラダの相性が悪いのかな?

 

 

団地には30人近くもの単身男性が
いるわけですから、いろんなプレイがありますし、合わないときも
当然ありますね。

 

 

重村と美智子は管理人室の畳の上で
2人とも裸になってなっています。

 

 

バックからのセ○ックスを始めます。

 

 

重村は美智子の脚がお気に入りの
ようです。

 

 

スケベな顔して美智子の脚を
両手で撫でて褒めています。

 

 

これから脚を使ったプレイが
始まるのか気になるところです。