【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人

【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人 第九話 ネタバレ



⇒無料試し読みはこちら

椿ケ丘団地の管理人 第九話 あらすじ
新管理人の仕事は終わることなく・・・

1人の射○が終わった。

 

するとすぐにまた1人の男性が部屋に
入って来た。

 

 

お○んこには次々へとセ○シを
入れられ何人もの男性のセ○シが混ざりあって溢れ出ていた。

 

美智子はぐったりしている。

 

 

すると突然ア○ルにチ○コが
入ってきた。

 

 

色黒でがっしりした体格の男性が、
後ろから抱きつきアナルに勃○
したチ○コをぶち込む。

 

 

男性は美智子の口を手で覆い
声が出ないようにする。

 

 

声を出せない美智子は
目を見開いて汗が止まらない。

 

 

男性は美智子を羽交い絞めにして
、アナルセ○クスでイってしまう。

 

アナルからは男性のセ○シが
たっぷり出ている。

 

 

美智子のカラダは痛みの中
カラダが固まっている。

 

 

また、次の男性が入って来る。

 

 

美智子のお○んこは20人近くの
男性のセ○シが混ざり合い溢れている。

 

 

集会場にはまだ11人の男性が
順番待ちをしていた。

 

 

美智子は心もカラダも壊れる寸前。
涙がこぼれおちる。

 

 

男性の性サービスは23時を過ぎても
終わらない。

 

 

すると、携帯に娘からメッセージが
入る。

 

 

「お仕事お疲れさま♪私も勉強頑張るから
お母さんもお仕事頑張ってね♪」

 

 

裸で畳の上で横になってメッセージを
見る美智子は涙が止まらない。

⇒続きはこちら 

感想

次から次へと男性の相手をする。
過酷ですね。

 

美智子は「もう、無理」と言って
います。

 

そんな中何度も潮吹きさせられて
イカされる美智子。

 

悲しいですね。

 

 

潮吹きしてるところに
また違う男性がア○ルにチ○コを
突っ込む。

 

 

ア○ルにチ○コを入れられ
口を塞がれる。

 

 

レイプに近いですね。

 

 

美智子は大量の汗をかきながら
目でやめて~と言っています。

 

 

美智子のお○ことア○ルは
いろんな男性のセ○シが混ざり
あっています。

 

 

それを直視した男性は
「ヌルヌルしていて気持ちいい」
と言っていますが、

 

 

生々しくエロいですね。

 

 

集会場のセ○クスする部屋は
畳みの部屋で他何もないです。

 

 

美智子は畳の上に裸でセ○クス
させられます。

 

 

1日30人も相手にした美智子は
すごく頑張ったと思います。

 

 

娘の為に始めた管理人の仕事。

 

 

娘からのメッセージを見て
涙を流す美智子の姿を見て感動してしまいました。

 

 

ノンストップで次から次へと
30人もの単身男性から抱かれる
美智子のカラダや表情はエロいです。

 

 

30代のシングルマザーの
カラダは熟していてスタイル
抜群です。