【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人

【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人 第八話 ネタバレ



⇒無料試し読みはこちら

椿ケ丘団地の管理人 第八話 あらすじ
管理人初日の洗礼

後ろに立っていた原田兄弟の弟が
アナルに挿入してきた。

 

管理人規約にはアナルの挿入は
拒否することができるが

 

美智子には断る気力は残っていなかった。

 

美智子は立ったままアナルに弟
お○んこには兄のチ○コが挿入されている。

 

2つの穴に挿入される。

 

そして兄と弟が入れ替わる。

 

再び2つの穴に原田兄弟のチ○コが挿入される。

 

美智子のエプロンは取れて、Tシャツとブラジャーは
めくりあがり、お○ぱいが丸出し状態に。

 

美智子は初めて2つの穴から攻められ
あっという間にイッてしまった。

 

原田兄弟は美智子のアナルとお○んこ
同時に中○しする。

 

 

階段の下にはこわもての
男性3人が順番待ちをしていた。

 

 

美智子はよろよろしながら
男性3人に手を引っ張られて集会場に連れて行かれる。

 

 

後から聞いた話によると管理人が変わった
初日には、ほとんどの男性入居者は
サービスを受けに来るのである。

 

 

つまり管理人になった初日は、1日30
人の男性とセ○クスをしなくてはならない。
それが新人管理人の洗礼である。

 

 

集会所の中ではいろんな体位で
潮吹きをさせられている美智子。

 

 

住人の男性達は美智子を
おもちゃのように扱いセ○クスをさせられる。

 

 

そんな中、平林と言う男性がチケットを
1枚持って部屋に入って来る。

 

 

美智子は男性が仰向けで寝てる
上に乗りチ○コが挿入されたままで、口は他の男性のチ○コをフ○ラし
セ○シをゴックンするのだった。

⇒続きはこちら

感想

原田兄弟は2人同時のセ○クスでしたね。

 

 

前と後ろから攻められ、美智子のお○んこ、
アナルからセ○シが流れ出ているところは
すごく興奮します。

 

 

アナルは拒否できるはずなのに
そんな余裕も与えてもらえない。

 

 

美智子は自宅前で靴を履いたまま
原田兄弟にされるがままです。

 

 

 

原田兄弟は双子のように同じ
顔をしたハゲてる70代のおじいちゃんです。

 

 

エロおじいちゃん感すごく出ていて
2人は30代の若い美智子の
お○んこを食べられて嬉しそうです。

 

 

原田兄弟とのセ○クスが終わった
と思ったら、今度は男性3人組に
集会場に拉致されます。

 

 

美智子は自分では歩くのもままならない
状態でした。

 

痛々しい感じです。

 

 

集会所では仰向けに寝てる
男性が美智子を持ち上げ美智子が上に
乗っている状態で男性が上下に
腰を動かしています。

 

 

美智子は靴、Tシャツ、エプロン
全て脱がされています。

 

 

何も着ていません。

 

 

1人の男から潮吹きさせられ
もう1人の男のセ○シをゴックンは
エロ過ぎます。

 

 

1日に30人も相手にすることを
考えると美智子が心配になってきます。

 

 

だんだんプレイがハードになって
きています。