【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人

【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人 第七話 ネタバレ



⇒無料試し読みはこちら

椿ケ丘団地の管理人 第七話 あらすじ
終わったばかりなのに2人同時に

重村はバックから激しく腰を振り

 

 

美智子の中に精○をたっぷり注ぎ込んだ。

 

 

美智子は重村に二度もイかされたことが
とてもショックだった。

 

 

管理人の仕事にすっかり自信を失いかけていた。

 

 

すると重村との行為が終わるのを待っていた
男性2人が階段から下りて来た。

 

原田兄弟と言うつるっぱげの70代のおやじであった。

 

 

2人はチケットを5枚ずつ持っていた。

 

 

5枚は本番サービス。

 

 

重村とのS○Xが終わったばかりで
まだ、パンツも脱いだままの状態。

 

 

休む暇もなく原田兄弟は美智子の
カラダを触る。

 

 

弟は美智子の後ろから抱き着き
おっぱいを揉みしだく。

 

 

管理人規約

住人は人数分のチケット用意すれば

同時に複数人でサービスを受けることが
できる。

 

 

兄は美智子の前に立ち、美智子の
左脚を持ち上げ、お○んこに指を入れる。

 

 

まだ、重村とのS○Xが終わったばかり
で精液が残ったままでお○んこは
ぐちゅぐちゅだった。

 

 

兄ははぐちゅぐちゅのお○んこに
挿入する。

 

 

美智子の後ろに立つ原田兄弟の弟は
乳首をコリコリしといじっている。

 

 

美智子は2人に攻められて
すぐにイッテしまった。

 

 

原田兄弟の弟は美智子と兄の
S○Xを見てムラムラしてしまった。

⇒続きはこちら

感想

美智子は重村に2度もイカされてしまい
すごくショックを受けています。

 

 

こんな気持ちの中すぐまたS○Xをしないと
いけないのはすごく辛いですね。

 

 

今度は2人同時に。

 

 

美智子のカラダは心とは違って
久しぶりのS○Xにカラダは
かなり敏感に反応しています。

 

 

女性も本能的なところはあります。

 

 

終わった後は罪悪感にかられてしまうん
ですよね。

 

 

美智子と重村のバックからのフィニッシュ
する光景は興奮しますね。

 

 

美智子の両手を重村の両手で後ろに
クロスさせるように持っていき縛っているようにも見えます。

 

 

美智子の中にたっぷり入れた
精液は床にぽたぽたと垂れています。

 

 

縛られて、自由が利かなくなった
美智子のお○んこに中○出し。

 

 

エロい。

 

 

原田兄弟は弟は乳○を攻め、
兄は中に挿入します。

 

 

まだ、重村とのS○Xの余韻の中
感じまくっている美智子が嫌らしいです。

 

 

次は弟はアナルに入れて
前と後ろから挿入されるのでしょうか?

 

 

原田兄弟がどのように美智子を
求めて行くのか気になるところです。