【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人

【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人 第六話 ネタバレ



⇒無料試し読みはこちら

椿ケ丘団地の管理人第六話 あらすじ
これはもはやだだの「性交」

美智子は男性にお○んこを触られるのは
4年ぶりだった。

 

 

重村に弄られたお○んこは
美智子自身が驚くほどびしょ濡れだった。

 

 

重村は美智子の愛液を見て
二ヤリ。

 

 

美智子は恥ずかしい表情をする。

 

 

さて、新しい管理人さんはどんな味がするのでしょう?

 

 

美智子のク○トリスを重村は舌でペロリ。

 

 

 

そしてアナルに指を入れる。

 

 

立った姿勢のままアナルと中を弄られながら
お○んこを舌で舐められる。

 

 

 

美智子は下品なほど感じてしまう。

 

 

だめっつ~

 

 

とカラダを震えさせながらイッてしまうのである。

 

 

お○んこからは愛液が溢れ出る。

 

 

美智子は自分がイってしまったことに
愕然とする。

 

 

重村はズボンのファスナーを下げて
チ○コを出す。

 

 

バックから美智子に挿入する。

 

 

自宅前の娘が通るところで、
団地の住人の男に抱かれてイってしまった美智子。

⇒続きはこちら

感想

美智子は4年ぶりのS○Xでした。

 

4年ぶりではカラダが敏感に反応
してしまいますね。

 

娘を育てるのに精一杯で
男性と触れ合うのを忘れてしまっていたのかな?

 

 

美智子が立ったまま重村にク○トリスを
舌でペロッとするところがすごくエロいです。

 

 

久しぶりに生温かくやわらかい舌で
ペロペロされるのは気持ち良すぎて

 

すぐにイってしまいますね。

 

 

重村は舌と両手を使ってク○トリス
アナル、中と美智子を攻めまくります。

 

 

もう美智子は「作業」と言う言葉を忘れて
本能のままイってしまっているのが興奮します。

 

 

こんな攻められ方されてしまったら本能的
になりますね。もう何も考えられず気が遠くなっていきます。

 

美智子のお○んこは本人の意思とは
違い攻められるとすぐびちょびちょ
に濡れてしまうところが
また興奮してきますね。

 

 

アナルに指を入れられて感じてしまっている
美智子の反応もまた興奮します。

 

 

重村のチ○コを挿入された美智子は
イったばかりなのにまたすぐイってしまっています。

 

 

重村は美智子のお○んこにチ○コを挿入しながら
言葉攻めをしていて、

 

 

「ほんとだらしない母親だ」と言っています。

 

 

こういう言葉はドMからするとさらに
興奮してくるんですよね・・・

 

 

耳元で囁くように言われるのも
いいですよね。

 

 

重村と美智子のS○Xの相性は抜群ですね。

 

 

個人的には重村と美智子がベッドの上で
乱れる姿が見てみたいです。