【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人

【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人 第5話 ネタバレ



⇒無料試し読みはこちら

椿ケ丘団地の管理人 第5話
5枚のサービスは外で・・・

午前の仕事を無事に終え

 

 

 

午後の仕事をすることに・・・

 

 

午後の仕事は事務所待機。

 

 

性サービスの業務は午後に増えてくる。

 

 

毎月配られてるチケットの枚数から
考えると

 

 

 

午後に「5枚」が来る可能性が
高い。

 

 

 

どうってことはない、ただの作業

 

 

 

自分に言い聞かせる。

 

 

 

美智子が自宅から事務所に向かおう
とすると

 

 

 

前の管理人の塚田さんと性交渉を
していた重村が現れる。

 

 

 

重村は美智子に「5枚」のチケット
渡す。

 

 

 

重村は自宅の前で性交渉をやろうと言い出す。

 

 

 

美智子は戸惑いを隠せない。

 

 

 

管理人規約

 

サービスを行う場所は敷地内であること。

女、子供、団地の外の者に見られてはならない。

上記の規約には触れてない。

 

 

 

美智子は焦りながらも承諾する。

 

 

 

早速下を脱いでもらえますか?

 

 

美智子は覚悟を決めて

 

 

 

ズボンとパンツを脱ぐ。

 

 

 

重村はいやらしく脚を舐め回した後

 

 

 

美智子のお○んこを見つめる。

 

 

 

重村は立っている美智子のお○んこ4本指で触る。

 

 

 

美智子は慌てて拒否する。

 

 

 

重村はそんな美智子の言葉なんかおかまいなし。

 

 

 

もっと開いてと両手で脚を広げる。

 

 

 

重村の3本指が美智子のお○んこに入ると
思わずカラダがビクンと震える美智子。

 

 

 

美智子の反応に

 

 

 

「ご無沙汰ですか?」

 

 

 

重村はニヤリと怪しい顔をする。

 

 

 

激しく指ををピストンする重村。

 

 

美智子は・・・

⇒続きはこちら

感想

美智子が怖がっていた
「5枚」のチケットが渡されましたね。

 

 

自宅の前で性行為を求めてくる
重村はエロいですね。

 

 

娘が帰って来てもおかしくない状況。

 

 

そわそわしながらの自宅前の性サービス。
考えると興奮してきます。

 

 

重村が美智子に下脱いでと言って
脱ぎました。

 

 

美智子のお○んこはエプロンで
隠れた状態。

 

 

エプロンをめくって
重村にお○んこを見せる

 

美智子はすごくエロいです。

 

 

重村はお○んこをじっくり見た後
4本指でク○トリスを触ります。

 

 

美智子は久しぶりの性行為に
感じると言うよりはビックリしています。

 

 

 

午前は相手のチ○コを舐める行為でしたが
今度は自分のお○んこを使わないといけません。

 

 

慣れてない美智子は恐怖に怯えている様子です。

 

 

美智子が立ったままエプロンを手でめくり
重村が美智子のお○んこをくちゅくちゅする姿はゾクゾク興奮してきました。

 

 

重村からもっと脚を広げてと言われ
もじもじしながら広げています。

 

 

「ご無沙汰ですか?」

 

 

 

重村は二ヤリとしながら
美智子のお○んこをいじっています。

 

 

その瞬間美智子はビクンと震えています。

 

 

重村の二ヤリとするところが
エロじじい感がすごく出ています。

 

 

 

昼に自宅前で初めてのおじいちゃんに
お○んこを触られる。

 

 

 

美智子のように敏感に反応してしまいます。