【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人

【多摩豪】椿ケ丘団地の管理人 第4話 ネタバレ



⇒無料試し読みはこちら

椿ケ丘団地の管理人 第4話 あらすじ
管理人としての初仕事

朝8時初の管理人の仕事が始まる。

 

 

ご近所さんにあいさつしながら

 

 

掃除をする。

 

 

ポンプ室を探していると

 

 

坂口さんと言う10年この団地に住んでいる

 

 

 

おじいちゃんに声をかけられる。

 

 

 

丁寧にポンプ室のある場所を教えてくれた。

 

 

 

すると、チケット1枚を渡され

 

 

 

よろしね!!

 

1枚は口淫。

 

管理人規約の中に

 

「券を渡されたら速やかに
サービスを行わなけらばならない」

 

 

 

美智子は坂口に団地の裏に連れて行かれた。

 

 

向かいは小学校の塀で

 

 

ちょうど死角に入る為

 

 

ここでサクッと頼むと言われ

 

 

坂口は勃○したチ○コを出す。

 

 

美智子は葛藤と闘いながら

 

娘の為にやると決めたんだからと

 

 

 

坂口のチ○コに口を・・・

 

 

口と舌と手を使い

 

 

一心不乱に
ペロペロ、ちゅるちゅる、シコシコ。

 

 

坂口はあっという間にイってしまう。

 

 

美智子はどこか吹っ切れた様子であったが・・・

 

 

午後の業務「5枚」のチケットを渡されるまでは・・・

⇒続きはこちら

感想

美智子はようやく決心して仕事を無事に
始めることができてよかったですね。

 

早速、「性サービス」のお仕事も。

 

 

外を歩いていると不意にチケット渡される
感じです。

 

心の準備も無い状況です。

 

 

坂口はかなり年配のハゲてるおじいちゃんです。

 

 

美智子は口淫する直前まで

 

 

不安と葛藤で心が押しつぶしてしまいそうです。

 

 

娘の事を強く思い決心しています。

 

 

いざ始めて見ると

 

 

美智子のフ○ラのテクニックは
即イキ決定です。

 

 

坂口のおじいちゃんは

 

 

喉の奥までチ○コを入れ
頭を抱えながらイっていますが

 

 

この時の坂口の表情を見ると
興奮してきます。

 

 

美智子はおじいちゃんの精液を
ごっくんして

 

 

 

むせてしまっています。

 

 

おじいちゃんパワーすごいですね。

 

 

坂口のチ○コが勃起したとき
興奮し過ぎて反り返っています。

 

 

Tシャツ、ジーパン、エプロン、三角巾
姿です。Tシャツから谷間が見えていて

 

 

興奮してきます。

 

 

美智子は午前の業務を終えて
ほっとしています。

 

 

表情からは何が起きたのか
わからないような困惑した表情。

 

 

5枚のサービス券を渡された
美智子がどう変化して行くのか

 

楽しみですね。