未分類

椿ケ丘団地の管理人 第3話 ネタバレ




⇒無料試し読みはこちら

団地の現実 私の現実 第3話

美智子は管理人の仕事である

 

「性サービス」の仕事を1度は
断った。

 

 

明くる日管理人さんに
畳みかけられる。

 

 

33歳のシングルマザーが
雇ってくれる会社はほぼ見つからない。

 

 

パート収入では家計をやりくりするのは
難しい。

 

 

娘の沙也加は来年高校進学。

 

 

椿が丘団地で「性サービス」そすることで

 

 

家計がラクになり娘を高校進学をさせることも
できる。

 

 

この椿ケ丘団地は1度取り壊されそうになった。

 

 

 

理由は居住者の減少である。

 

 

 

管理人さん提供の「性サービス」
をすることにより

 

 

 

単身高齢男性の入居が増加した。

 

 

 

やがて満室になり取り壊しから免れた。

 

 

 

美智子はここに住めているのは

 

 

 

「性サービス」のおかげだと気づく。

 

 

 

ただ、やはり引っかかることがある。

 

 

 

悩みに悩んで途方に暮れる。

 

 

 

すると娘の沙也加が学校から帰ってきた。

 

 

 

娘が進路調査票に親のサインを求めると

 

 

 

 

なんとそこには「定時制」の文字。

 

 

 

娘は母親に迷惑かけたくないと言う
思いからである。

 

 

 

美智子は決断をする。

 

 

 

管理人の仕事を引き受けることに。

 

⇒続きはこちら

感想

美智子はとうとう決断しましたね。

 

 

やはり娘のことを大事に思うあまり
管理人をやるしかなかったですね。

 

 

母親の愛情を感じます。

 

 

 

美智子からは初めてのことだらけで
不安な気持ちも伝わってきます。

 

 

個人的には応援したいです。

 

 

 

独身高齢男性を相手と言うことも
引っかかりますね。

 

 

 

仕事と言えどもカラダを触られるのも
抵抗ありますし、愛情の無い男性相手。

 

 

すごくストレス溜まりそうです。

 

 

美智子が管理人さんの部屋に
訪れたときに

 

 

管理人さんがキャミソール、パンツ姿で
出てきた時は驚きましたね。

 

 

性サービスの真最中だったようです。

 

 

 

これからパンツ脱がされて

 

 

 

ベロベロされて、生チ○コを挿入されるん
でしょうか?

 

 

 

想像するとエロ過ぎますね。

 

 

 

1日に何人相手にするのかすごく気になります。

 

 

 

管理人さんは性に抵抗ない様子が伺えますので

 

 

 

美智子にどんな指導をして行くのか楽しみです。

 

 

管理人さんと美智子と男性と3Pになることも
あるなかな?

 

 

 

いろんな妄想ができます。

 

 

4話は美智子が初めての仕事が始まります。

 

 

 

美人な母がどんなエロを提供して行くのか

 

 

 

ワクワクです。