未分類

椿ケ丘団地の管理人 第2話 ネタバレ




⇒無料試し読みはこちら

椿ケ丘団地管理人の『サービス』第2話

単身世帯に毎月10枚配られる。
管理人さんは重村とゴミ捨て場に
行った。

 

 

美智子が後をつけてみると・・・

 

 

驚きを隠せない光景を見てしまう。

 

 

管理人さんはパンツを脱ぎ捨てている。

 

 

ゴミ捨て場の壁に手をつき

 

 

お尻を突き出し、お○んこを
見せている。

 

 

重村は嬉しそうに管理人さんの

 

 

お○んこを舌でべろべろしながら

 

 

ク○ニする。

 

 

重村は自分の大きくなった
チ○コを出し始める。

 

 

そして

 

 

管理人さんの左脚を上げ
バックから

 

 

生チ○コで挿入する。

 

 

 

美智子はビックリし過ぎて
開いた口が塞がらず

 

 

 

 

冷汗が止まらない。

 

 

重村は管理人さんのマ○コに中○し。

 

 

管理人さんは息が上がりながら

 

 

地面に座り両脚を広げ

 

 

お○んこから流れ出るセ○シを

 

 

重村に見せる。

 

 

美智子はこっそり見ていた
ところを

 

 

管理人さんにバレてしまう。

 

 

美智子が気になっていた
サービスの詳細が明らかに。

 

 

 

それは住民への「性サービス」
であった。

 

 

チケット渡すと以下のサービスが
受けられる。

 

 

 

3枚・・・口淫

5枚・・・本番

10枚・・・貸し切り
※10時間まで

 

 

彼らには家賃とは別に

 

 

特別共益費3万が支払われている。

 

 

その内2万7千円が管理人に支払われ
29世帯。

 

 

 

月収78万円となる。

 

 

管理人さんはこれだけあれば
母子家庭でも楽に生活できる
んじゃない?

 

 

と美智子に提案するが・・・

⇒続きはこちら

感想

「サービス」とは「性サービス」だったようですね。

 

団地の中で性風俗営業みたいな行為が行われて
いるのにはビックリです。

 

 

清楚で至って普通の主婦ですが

 

 

団地の独身男性に性サービスをしていると
考えるとエロいですね。

 

 

管理人さんは抵抗なく大胆にパンツを
脱ぎ捨てています。

 

 

ゴミ捨て場は定番の場所なのか

 

 

野外S○を楽しんでいます。

 

 

重村からク○ニされてる
管理人さんは

 

 

はぁはぁと息遣いを荒くして
喘ぎ声がを思いっきり出しています。

 

 

止めようと思っても止められない感じです。

 

 

また、重村の舌遣いがいやらしく
想像すると

 

 

興奮してきます。

 

 

最後は生チ○コで中○ししていますが
29人分の生チ○コが挿入されているわけです。

 

 

その行為をずっと見ている美智子も
驚きながらも

 

 

お○んこびしょびしょだと思います。

 

 

美智子は「性サービス」を受け入れるのか
受け入れなか?

 

 

とっても気になりますね。