未分類

僕と彼女のお母さん 第3話 ネタバレ

⇒無料試し読みはこちら

僕と彼女のお母さん 第3話 ネタバレ&感想

今夜だけ美咲さんは僕の女・・・

 

香織はお客さんが少なかった為

 

バイトを早上がりさせてもらった。

 

 

これからバイト仲間と花火を見に行くことに
なった。

 

 

「ちょっと着替えてこれから出かけてくるね」

 

 

 

美咲はリョウくんからピストンされながら
S○Xを満喫中。

 

 

 

美咲は「わかったわは・・・気をつけてね」

 

 

あんっ♡・・・あぐっ・・・♡

 

 

声を押し殺しながら

 

 

「で  でも・・・夜道危ないから終わったらすぐ帰ってくるのよ・・・」

 

 

「じゃ、行ってくるね」

 

 

「うん・・・♡行ってらっしゃい・・・」

 

 

 

あと、お母さん・・・

 

 

 

さっきから声震えているけど大丈夫?

 

 

 

 

だ♡大丈夫・・・お母さん・・・
さっきから具合悪くて・・・

 

 

夏風邪かしら・・・♡

 

 

 

と香織は美咲を心配していますが、

 

 

 

お風呂場では、

 

 

リョウくんが馬乗りして、

 

 

パイズリして、お○ぱいをモミモミ

 

 

されて声が震えていました♡

 

 

娘と話しながら

 

 

美咲はいやらしい顔つきです。

 

 

娘への罪悪感はないのかなと思ってしまいます。

 

 

リョウくんは香織がでかけたと同時に

 

 

パイズリでぴゅぴゅとイッちゃっています♡

 

 

 

美咲はリョウくんに

 

 

「さすがに今のは悪ふざけしすぎじゃない?」

 

 

「お仕置きとして残り汁もしぼり取ってあげるから覚悟しなさい!」

 

 

とお仕置きをすることになった。

 

 

リョウくんのチ○コにまたがります。

 

 

「うわっ、おばさんが襲ってきた~w」

 

 

リョウくん嬉しそう♡♡♡

 

 

美咲は騎乗位で上下に腰を動かして

 

 

巨乳を揺らしています。

 

 

結局、お風呂場S○Xは4回戦まで続いた。

 

 

 

その後、美咲とリョウくんはお風呂に浸かり

 

 

リョウくんが美咲を抱きしめています。

 

 

「おばさんとのS○X・・・最高に気持ちよかったです♡」

 

 

ほんとぉ?

 

 

「はい・・・もう、一生忘れません」

 

 

嬉しい・・・

 

 

「おばさんも久々に女になれて幸せだった♡」

 

 

リョウくんに美咲が話しているとき

 

 

髪の毛をまとめ、妙に色っぽさを
感じます。

 

 

 

女としての欲求不満が解消されてよかったです。

 

 

リョウくんはおばさんみたいな女性に
喜んでもらえるなんて

 

 

男として誇らしいと大満足なご様子。

 

 

リョウくんと美咲は

 

 

舌を絡めあい激しいキスをする♡

 

 

「リョウくん今日のことは誰にも内緒よ」

 

 

「はい、もちろんです」

 

 

美咲はリョウくんに明日から香織の
彼氏に戻ってあげてと話すが

 

 

 

リョウくんは

「そんな・・・!嫌です」

 

 

と美咲さんを背後から抱きしめる。

 

 

リョウくんは今日で美咲との関係を
終わらせるのを条件に

 

 

 

「今夜だけでいいから僕の女になってくれませんか・・・?」

 

 

美咲は承諾する。

 

 

美咲は裸にエプロン姿になって

 

 

 

「リョウくんの女ってどういうことかと思ったら
こういうことぉ?」

 

 

美咲は裸でエプロンなんてはしたないわっ
と言いながら

 

 

 

リョウくんに立ちバックでパンパンッ♡

 

 

 

体位を変えて美咲は裸エプロンのまま

 

 

 

 

リョウくんの上に乗り上下に腰を動かし
グリグリ、ぐちゃぐちゃ♡

 

 

美咲は「お腹の中が圧迫されて大好き♡」

 

 

 

リョウくんも気持ち良さそう。


⇒無料試し読みはこちら