未分類

僕と彼女のお母さん 第1話  ネタバレ

僕と彼女のお母さん ネタバレ&感想

 

リョウくは初めて彼女ができた。

お相手はリョウくんのクラスの中心的存在
立花 香織さん 16歳

明るいけど少しおっとりしていて
スタイルも良くて男子の憧れの的
だった。

付き合ってすぐにエ○チもした。

お互い初めてで緊張したけど
終わった後は

2人ともものすごく幸せな気持ちになった。

その後2人は香織の家でエ○チをよくするようになった。

いつも笑顔で出迎えてくれる香織の母。

リョウくんは誰にもいえない秘密があった。

リョウくんが本当に好きな人は・・・・

香織の母
立花 美咲さん 38歳

16歳の男性はちょうど年上のお姉さんに憧れる
時期ですよね・・・

青春時代を思い出しますね・・・

そんな中、香織とはいつも通りラブラブエ○チ♡

「香織、最近また胸成長してね?」

「も~やだ~♡」

「いつもリョウくんに揉まれているからだよ~」

香織はバイトあるのを忘れていて

香織の母美咲と2人きりに・・・

美咲は「リョウくんを独り占めしちゃっていいのかしら?」

「ハンバーグ作るから待っててねぇ」

リョウくんは美咲に会うなり恋におちた。

母親のいないリョウくんにとっては
母性に溢れてる美咲はまさに理想の
女性である。

美咲の透き通るような声、メリハリのある体、
それを包む甘い匂い・・・

美咲は性欲をそそる全てを兼ね備えている・・・

それからすぐ美咲でオ○ニーをする毎日。

香織としているときも美咲を考えながら・・・

リョウくんは食事を終えたので帰ろうとしたところ
美咲に引き止められる・・・

「ちょとパソコンみてくれないかしら」

「おばさんさっき変なところ触っちゃてフリーズしたままなのよ」

パソコンの詳しいリョウくんは美咲のパソコンをあっという間に
直してしまう。

念のの為リョウくんは不具合がないか
再度確認していると・・・

不倫サイトが・・・

慌てて美咲は弁解するも・・・

リョウくんの口から

「あの・・・おばさん・・・」

「ぼくじゃダメですか?」

美咲は動揺が隠せない

「え・・・どういうこと?」

「僕がおばさんの不倫相手じゃダメですか?」

「僕は体で香織さんを満足させられます」

リョウは美咲を
あごくいして

「年齢なんか関係ない」
「おばさんはこんなにも美しいのに」
と気持ちを伝える。

「僕だったらおばさんを再び女にしてあげられる」
とリョウは美咲にキスしてお○っぱいを
揉み始めた。

「やめてぇ!」

と美咲は叫び始めた。

リョウは強引に
美咲を押し倒しブラジャーをを外し
ぷるるんお○っぱいに無我夢中で吸い付く。

「おばさん下も脱がしますよ」

美咲は抵抗しながらも
お風呂場に行こうと話す。

リョウは思わず

「やったー!」

美咲さんこんな若者から誘われて
抵抗しつつも嬉しそう。

欲求不満な様子がわかります。

美咲さんのおっぱいはかなりの
爆乳です。

リョウくんが美咲のお○っぱいを
夢中になって舐め回すのも無理ないです。

香織に見つかることを恐れて
お風呂場に移動していますが

見つかってしまわないか
ドキドキしますね。

こういうときのS○Xは
興奮するんですよね♡